借用書003

 
  表示されている書面はA4での印刷を想定していますのでスマートホンでご覧の方は文字数の関係上レイアウトが崩れることがあります。
その場合は下部のボタンからPDFで表示すると印刷したときのイメージで見ることができます。
   

こちらはちょっと細かい内容の金銭消費貸借契約書。

簡易的なものとの差は支払いの方法や延滞金についても明記してあります。

また、保証品がいる場合などもこの書式がが利用できます。

書類の見本

金銭消費貸借契約書
 
 貸主  甲野太郎 (以下、「甲」という。)と 借主 乙川次郎 (以下、「乙」という。)と 乙の連帯保証人 丙山三郎(以下、「丙」という。)は、以下のとおり金銭消費貸借契約を締結した。

 
第1条  甲は乙に対し、本日、金〇〇〇〇円を貸付け、乙これを借受け、受領した。

第2条  乙は甲に対し、前条の借入金〇〇〇〇円を〇〇年〇〇月から〇〇年〇〇月まで毎月〇〇日限り金〇〇〇〇円也宛合計〇〇回にわたり、甲に持参又は送金して割賦弁済する。
ただし、最終回の弁済金は金〇〇〇〇円とする。

第3条  利息は元金に対し年〇〇パーセントの割合とする。

第4条  借入日を第1回とし、以後毎月〇〇日までに翌月〇〇日までの分を前払する。
ただし、〇〇年〇〇月〇〇日より、〇〇年〇〇月〇〇日までの利息は借入時に支払う。

第5条  期限後又は期限の利益を失ったときは、以後完済に至るまで、乙は甲に対し、残元金に対する年〇〇パーセントの割合による遅延損害金を支払う。

第6条  乙について次の事由の一つでも生じた場合には、甲からの通知催告がなくても、乙は当然に期限の利益を失い、直ちに元利金を支払う。
① 第2条の分割金又は第3条の利息を期限内に支払わないとき
② 住所変更の届出を怠るなど債務者が責任を負わなければならない事由によって、貸主に借主の住所が不明となったとき

第7条  連帯保証人 丙は、乙がこの約定によって負担する一切の債務について、乙と連帯して保証し、乙と連帯して履行の責を負う。

以上、本契約成立の証として、本書を三通作成し、甲乙丙は記名捺印のうえ、それぞれ一通を保管する。

〇〇年〇〇月〇〇日
      
                
(甲) 住所 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目○番○号
    氏名 〇〇太郎    印

(乙) 住所 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目○番○号
    氏名 雛型次郎     印

(丙) 住所 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目○番○号
    氏名 保証人三郎    印

                       
無料PDFの使用は無料です
使用の注意借用書003はあくまでもサンプルです。
内容も作成時のものであり、法律などは変わる恐れがありますので
実際の使用に関しては自己責任でお願いいたします。
PR
 
  • コメント: 0

関連記事

  1. 借用書002

  2. 債務承認弁済契約書002

  3. 債務承認弁済契約書001

  4. 借用書001

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。